Jリーグ経営分析

【データ分析】スタジアムが埋まっているクラブはどこ?Jリーグ集客率ランキング

カテゴリー別の集客率

入場者数の実数や平均入場者数について分析してきましたが、入場者数で見ると収容人数の多いスタジアムを持つクラブが有利になります。

そこで、今回は各クラブのスタジアムの埋まり具合(集客率)でJリーグを分析したいと思います。

スタジアムの埋まり具合(集客率)を以下のように設定しました。

集客率 = 入場者数 ÷ スタジアムの入場可能数

まずは、カテゴリー別に見てみます。スタジアムの入場可能数は変わらないので、グラフの形は入場者数合計と同じになります。

年度別の入場者数をグラフにしました。

年度別入場者数合計

J1は右上がり、J2・J3は横ばいでした。

J3の横ばいはチーム数が増えたことにより入場者数が増えており、1クラブあたりの平均入場者数で見ると下落傾向にあります。

詳細についてはこちらの記事を参考にしてください。

合計入場者数を確認したうえで、カテゴリー別の集客率を見てみます。

年度別の集客率をグラフにしました。

年度別集客率

入場者数と同じようにJ1は増加傾向、J2は横ばいです。

J3はチーム数が増加(=スタジアム増加)なので、下落していることが分かります。

J1も入場者数が増えているとはいえ、まだ6割ほどしか埋められていません。まだまだ、入場者数を伸ばす余地があります。

J2になると、スタジアムの半分も埋まっていません。

J3は、集客率が2割に満たず減少傾向にあるので、入場者数の減少を止めなくてはいけません。

クラブ別の集客率

カテゴリー別は、合計入場者数のグラフと結果的には同じことが分かります。

カテゴリー全体の傾向をおさらいした所で、細分化してクラブ別の集客率を確認します。
(J3は割愛しています)

2020年J1所属クラブの年度別集客率

年度別集客率(J1)

リーグ全体で見ると、まだまだ伸びしろがある感じでしたが、クラブ別に見ると少し状況が変わってきます。

1つの目標ラインとして、集客率が8割の所に線を入れてみました。こうすると、かなり上限に近づいてきているクラブが出てきていることが分かります。

該当するクラブは、2万人~3万人の中規模の収容人数のスタジアムを持つことが共通していそうです。

チケット収入を考えた時に、チケット単価×入場者数で収入が決まりますから、入場者数の限界が見えてきたクラブは、チケット単価を上げる必要がありそうですね。

チケット単価は、また別で触れる予定です。

2020年J2所属クラブの年度別集客率

年度別集客率(J2)

2019年は松本だけが8割を超えることが出来ました。磐田も8割は超えていないものの高い所をキープできています。

残りのクラブは、横ばいが続いています。

最多集客率ランキング

最多入場者数で見ると、大きなスタジアムを持つ浦和と横浜FMが有利でした。では、埋まり具合(集客率)で見ると変化があるか確認したいと思います。

2010年~2019年のJ1とJ2の集客率をランキングにしました。

最多集客率ランキング

上位1位~5位までをJ2の試合で占めることになりました。

しかも 、入場者数が入場可能数を超えて集客率が1倍以上になっています。

【参考】

Jリーグの試合では、通常、緩衝帯を設けるので実際の収容可能人数より少ない人数を入場可能数としています。

例えば、1位の岡山のカンスタ(現:Cスタ)の場合、施設の紹介を見ると20,000人収容となっていますが、 Jリーグのスタジアム紹介を見ると15,479人となっています。

恐らく1倍を超えるのは、緩衝エリアを減らしたものと考えられます。

【入場者数の例】

スタジアム公式:岡山県総合グラウンド (シティライトスタジアム)

Jリーク公式:ファジアーノ岡山(シティライトスタジアム)

さて、順位の方ですが入場者数の要因が多かったのは、以下の通りです。

1位:各地で入場者数を更新したガンバの試合
2位:8月の夏休みの試合だからでしょうか?理由分からず…
3位:岡山の最終戦で横浜FCの昇格争いが絡んだ試合
4位:長崎がJ1を決めた試合
5位:いつもの維新公園ではなく、収容人数の少ない下関の試合

山口の試合の会場のキャパシティの問題というのは、集客率でならではの理由ですね。

J1に絞って順位を確認すると、このようになります。

最多集客率ランキング(J1)

清水が、J1の上位を独占する結果となりました。

1試合の集客力の強さという意味では清水が1番です。

J1だけの順位で見れば1位~11位までが清水の試合という結果になりました。

平均集客率ランキング

それでは、年間を通して安定して集客率が高かったクラブはどこか見ていきたいと思います。

2019年の集客率のランキングを見てみます。

2019年の集客率ランキング

上位4チームまでが、年間通しても8割を超える結果になりました。

川崎Fに至っては、9割も見えてきていますね。

収入的には、今後はチケットの単価を上げる工夫が必要な時期に差し掛かってきています。

同様に、2010年~2019年のJ1のクラブで集客率1位を獲得したことがあるクラブは、川崎Fに加えて、仙台と清水の3チームとなります。

この3チームの集客率の順位の推移をグラフにしました。

年度別集客ランキング推移(J1)

2013年以降の川崎がすごいですね。2015年のスタジアム改修と昨今の強さもあり

4年連続で1位をキープしています。仙台は逆に下降気味で、清水は持ち直しつつあります。

同様にJ2のクラブで、1位を獲得したことがあるのは大宮と松本です。ここに過去に2位を獲得したことのある甲府を加えてグラフにしました。

年度別集客ランキング推移(J2)

大宮と甲府は下降気味、松本は復調してきています。

2万人前後のスタジアムをホームスタジアムとするクラブは、集客率の順位とチームの好調さが何となく連携しているように見えます。

関係性については、今後、もう少し確認していきます。

Jリーグの集客率まとめ

入場者数の実数のランキングと比べて、登場するクラブの顔ぶれが変わりました。

大きなスタジアムを持つクラブは、今後も入場者数を増やしていく必要があります。

一方で、上限に近づいているクラブは、チケットの単価を上げる、又は、スタジアム内での出費を含めて1人あたりの売り上げ単価を感がる必要がありそうです。

-Jリーグ経営分析
-, ,

© 2021 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5