資格

簿記とFPは両方とも取得するのがおすすめ|資格の違いと理由を解説

本記事では、簿記とファイナンシャルプランナーの違いについて解説していきます。
試験の内容について、この分野に詳しくない方にも分かりやすく説明しますよ!

資格の学習のランキングの上位にきている事が多いのが、簿記とファイナンシャルプランナーです。

どちらもお金に関係する資格なのですが、普段の生活の中では、あまり聞かない資格ですよね。

社会人になって資格の勉強を始めてみようと考え、この2つの資格に興味を持つ人は多いです。
一方で、次のような疑問を持つ人も多いと思います。

資格の名前を見てもイメージ付かないけど、どんな資格なの?

簿記とファイナンシャルプランナーの資格は、どっちを取った方が良いの?

本記事では、簿記とファイナンシャルプランナーの資格に興味があり、中身を詳しく知りたい方に向けて記事を書いています。

結論からお伝えします。

簿記とファイナンシャルプランナーの資格の違い

簿記は、会社の家計簿のルールについて学ぶ。

ファイナンシャルプランナーは、家庭のお金に関する将来設計を学ぶ。

社会人であれば、まずは簿記の資格を取得し、次にファイナンシャルプランナーの資格を取得する。

どちらもお金に関する資格ですが、この2つの資格には大きな違いがあります。

1つ目は、「会社」と「家庭」で場所が違うということ。
2つ目は、「今使ったお金」と「将来のお金の計画」で時間が違うということ。

簿記は、「会社」の「今使ったお金」の管理方法について学ぶ資格です。
ファイナンシャルプランナーは、「家庭」の「将来のお金の計画」について学ぶ資格です。

同じお金でも、だいぶ内容が違うことが分かりますね。
この2つの資格について、詳しく紹介していきますね。

簿記とは

会社版の家計簿の付け方のルールを学ぶのが簿記になります。
簿記の試験についての詳細は、こちらの記事に詳しく書いているので参照してくださいね。

会計の専門知識がない人にも簿記とは何かを分かりやすく解説

本記事では、簿記について解説していきます。 簿記は、会計に関連する資格ですが、会計を全く知らなくても分かるように説明していきますよ! 簿記は、資格試験の人気ランキングの常連の資格で名前を聞いたことがあ ...

続きを見る

ここでは、ファイナンシャルプランナーとの違う部分について説明していきます。

簿記の対象となるのは、会社です。

会社は、1年に1回、会社の成績を報告しなくてはいけません。
年に1回の会社の成績の報告のことを決算と言います。

決算セールの表示をどこかで見たことがあると思います。
決算セールは、1年の終わりに少しでも売り上げを増やすために、値下げをして売ることが始まりです。

また、簿記で扱うのは、1年の結果です。
もう既に出た過去の結果について、ルールに従って成績をまとめるのが簿記です。

簿記のまとめ

簿記が対象とするのは、会社です。
簿記は、過去の結果に対して成績を適切にまとめられるようになる資格です。

ファイナンシャルプランナーとは

家計にかかわる金融、税制、不動産、保険、住宅ローン、教育資金、年金制度などの幅広い知識を修得することが出来るのがファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプランナーの対象となるのは、個人の家計です。

また、将来の目標に対して、いくらお金が必要で、どうやって貯めるのかを計画する方法を学びます。

人生の中で、いくつかのイベントがありますよね。
例えば、結婚、出産、子供の大学への進学、マイホーム購入、老後の生活などがあります。

人それぞれ人生設計は異なります。

何歳で結婚して、マイホームを何歳で取得して夢を描くと同時に、現実問題として必要なお金を予測する必要があります。

多額のお金が必要になりますから、計画をしてお金を貯めなければいけません。
その時には、国の制度など活用できるものもあります。

色々なことを考えて、お金を貯める計画、使う計画の立て方を学ぶことが出来ます。
資格にプランナーと付いている通り、未来に対する計画を立てるのがファイナンシャルプランナーです。

銀行や証券会社で働いている人にとっては、個人の人生設計に対してアドバイスをする機会もあるので、仕事に直結する資格です。

自分は仕事には関係なさそうと思うかもしれません。
確かに、仕事では関係ないかもしれませんが、自分の人生設計には役に立つ資格です。

お金を貯めると一口に言っても、銀行の普通預金に貯めるだけでは、なかなか貯まりません。

リスクを取って投資したり、用途が決まっていると非課税になる国の制度があったり、学習することでお金の計画の仕方を知ることが出来ますよ。

直接仕事には関係ないかもしれませんが、取っていて損のない資格です。

ファイナンシャルプランナーのまとめ

ファイナンシャルプランナーが対象とするのは、個人です。
ファイナンシャルプランナーは、未来の計画を適切に立てられるようになる為の資格です。

どちらを取得するべきか

簿記3級とファイナンシャルプランナー3級は、どちらを取ると良いか悩んでしまうかもしれません。

結論としては、両方取るが良いです。

どちらも社会人としての基礎知識として持っていて損のない資格ですし、勉強すれば、どちらの資格も必ず取得可能な資格です。

注意したいのは、両方の勉強を一緒に始めないことです。
1つずつ確実に合格していきましょう。

順番はどちらからでも良いですが、仕事に関する簿記から学習する方をおすすめします。
私は、簿記3級⇒簿記2級⇒ファイナンシャルプランナー3級の順に取得しました。

銀行や証券会社で働いていて、仕事に直結する方はファイナンシャルプランナーからでも良いですが、そうでなければ仕事で活かせる簿記から学習する順番をおすすめします。

どちらの試験も独学で学習することは可能です。
おすすめの参考書を紹介しておくので、参考にしてくださいね。

独学も良いですが、専門学校を利用した方が効率は良いです。
専門学校のノウハウも得られるからです。

私も簿記は、大原専門学校を利用して取得しました。⇒ 大原専門学校

簿記3級のおすすめ参考書

簿記は、知識のインプットとなるテキストと過去問題集があれば十分でした。
ところが2021年に試験内容が改正されています。

当面は過去問題集に加えて、試験の時間に慣れる為に予想問題集を使う方が良さそうです。

ご紹介するテキストは、インターネットで受ける模擬試験の練習も出来るのでおすすめです。

大原で合格る日商簿記3級〈第3版〉

 

日商簿記3級 過去問題集 2021年版

 

スッキリうかる 日商簿記3級 本試験予想問題集 2021年度 (スッキリわかるシリーズ・旧:スッキリとける 過去+予想問題集)

ファイナンシャルプランナー3級のおすすめの参考書

たくさんのテキストに手を出すよりも、インプットとなるテキストと問題集1冊で十分です。
何度も繰り返し解いて、1冊の内容を理解出来れば、十分合格できます。

みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2021-2022年 (みんなが欲しかった! シリーズ)

みんなが欲しかった! FPの問題集 3級 2021-2022年 (みんなが欲しかった! シリーズ)

社会人になって学習を始めたばかりの人は、通信教育や専門学校を利用すると効率が良くなります。

独学に慣れている人であれば、学習のペースを作ることが出来ます。
働きながら学習のペースを作っていくのは、慣れていないと少し大変です。

通信教育や専門学校を利用することで、適切な学習ペースをサポートしてくれるので、安心ですよ。
また、分からないことがあると質問することも出来るので、回答を見て分からなくてストレスを貯めることもありません。

独学するよりも費用的には高くなりますが、長い目で見れば無駄な時間を少なくすることにもつながりますので検討してみて下さいね。

 

-資格
-,

© 2021 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5