TOEIC

30代からでも英語学習は間に合う!実体験にもとづく勉強法の紹介

本記事では、30代からの英語学習方法について紹介します。
仕事で役に立つ英語を身に付けましょう!

30代と言えば、会社の中でも主力となる世代で、責任ある仕事も任せられるようになってきていると思います。

そんな中で、仕事で英語を使えるようになりたいと考えたり、会社から将来の昇進の為にTOEICの点数を求められていることもあると思います。

英語の必要性は感じているものの、こんな感情もあると思います。

いまさら英語を勉強して、身に付くものなのだろうか?

結論から言うと、30代から英語の勉強を始めても全く問題ありません。

本記事では、具体的な英語の学習内容と学習方法について紹介していきます。

私は、社会人になって初めてTOEICのテストを受けたのが35歳の時でした。
会社からの指示で受けましたが、結果は350点でした。
悪くても400点台と思っていたので、かなりの衝撃を受けました。

これからの時代、このままではいけないと思い35歳から英語の勉強を開始。
TOEICは720点となり、オンライン英会話で英語を話すトレーニングも行いました。

30代の最後に転職し、今は外資系企業で普段から英語に触れる環境で働いています。
過去の自分の経験を元に、勉強の内容や勉強の仕方を紹介していきますね。

30代の世代の特徴と学習計画の立て方

30代になると、会社の中でも中堅で、主力となって働く世代です。

部下を持っている人もいるでしょうし、責任ある仕事を任せられていることも多くなります。

自分の事だけやれば良かった20代とは違います。
自分の予定より、仕事の予定を優先しなくてはいけないこともあります。

私も20代の頃は、自分の仕事が終わればすぐに帰宅し、中小企業診断士の資格取得を目指して、平日でも6時間ほど勉強を確保できていました。

30代になってからは1日の仕事の占める時間が長くなり、同じようなやり方で学習することが難しくなりました。

そのため、次のようなことを意識する必要があります。

30代の勉強スタイル

短期勝負ではなく、長期間を継続して学習できる計画を立てる

仕事と学習を両立するために、1日に2時間ほどが無理のない勉強時間になります。

TOEICの点数を100点あげるのに必要な学習時間は、点数にもよりますが200時間ほどと言われます。

1日2時間で、1ヵ月60時間、1年間で720時間の勉強時間を確保します。

そうすると、TOEICの勉強をした場合1年間で300点ほど上げることができる計算になります。

仕事の忙しい時期もあるし、毎日勉強することができるかなぁ
大丈夫です。心配しないでください。

英語の学習は、少し勉強をやめたからと言って、点数が落ちることはありません。
実際、私も仕事の忙しい時は、1ヵ月単位で学習を中断しました。

取り戻すための時間は必要ですが、ある程度学習したらTOEICの点数が極端に下がるようなことはありません。

重要なことは、たとえ忙しくて中断期間ができたとしても、元に戻ることのできるように英語学習を習慣化することです。

短期勝負ではなく、学習することを生活に定着させることが何より大事なことです。

TOEICで証拠を示し、英会話で実力をつける

英語の学習で思いつくのが、TOEICの勉強です。

でも、こんな意見を聞いたことがある人もいると思います。

TOEICの勉強をしても英語を話せるようになる分けではないから、英会話をやった方が良い

TOEICの勉強をしても、英語が話せるようにならないことは事実です。

しかし、ちょっと待ってください。
TOEICの勉強には意味があります。
TOEICの目的は、英語を話せるようなることではないんです。

最初の目的に戻ってみましょう。
英語を勉強しようと思った目的って何でしたっけ?
仕事で英語を使いたいってことでしたよね。

想像してみて下さい。
自分が英語の仕事を誰かに任せようと思った時にどちらを選びますか?

A:私はTOEIC800点とっています。
B:私はオンライン英会話で1年間勉強しました。

既に実践で英語を使っている経験があれば別ですが、実践経験がなければ、客観的な指標であるTOEICの点数が評価されます。

履歴書にTOEICの点数を書いても、英会話に通学した年数は書かないですよね。

仕事で使える英語を話す為には、次のステップが必要です。

①英語を使う仕事の機会が与えられる
②現場で試行錯誤しながら英語力を身に付けていく

最初の①をクリアする為に、TOEICの点数が必要となるのです。
客観的に評価されるTOEICの点数を取ることで、「仕事を任せてみるか」となり、②のステップに進むことができます。

もちろん、TOEICの勉強を通じて、基礎的な英語力を身に付けることができます。

どんなに英会話スクールで練習しても、実践の場に勝る環境はありません。

自分の20代の頃を思い出してください。
十分に準備をしてから現場に入ったでしょうか?
ある程度の準備をして、現場で時には追い込まれながら、技術を身に付けてきたはずです。

人は、実践でチャンスを与えられてこそ伸びることができます。
チャンスを得る方法としてTOEICの学習から始めることをおすすめします。

また、単純に転職の時にも1つのアピールポイントになりますよ。
前職では、英語は全く使用しませんでしたが、TOEICが720点を履歴書に書くことで外資系企業に入社することができました。

TOEICの点数が600点ほど取れるようになってきた所で、実践トレーニングとして英会話を始めると良いと思います。
英会話は、オンライン英会話がおすすめです。

私は、720点になってからオンライン英会話をはじめました。
TOEICで700点超えたんだから、英語を話せるようになっているだろうと思っていたので、あまりの話せなさぶりに落胆しました。

もう少し早くから勉強しておけばよかったと後悔しています。

英語学習の4つのポイント

具体的に、どうやって勉強を始めたら良いのかを紹介します。

本を使った学習から始める

英語学習用の通信講座や学習用のアプリがたくさんあります。
おすすめできる通信教育やアプリもありますが、まずは本を使っての勉強をおすすめします。

最初の目的は、英語の勉強そのものより、学習することを生活の中に定着化させることです。
通信教育やアプリの利用は、それなりの費用が必要になってしまうので、「勉強しないといけない」というプレッシャーが大きくなってしまいます。

余計なプレッシャーを除くために、書籍を利用して英語学習をスタートしましょう。
短い時間でも進められる、英単語と文法から始めるのがおすすめです。

TOEICの勉強では、有名な英単語と文法の2冊を紹介します。

◆ 英単語のおすすめ本

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

英語のベースとなる単語を覚えることは避けて通れません。
よく出る単後は、この本を使って覚えましょう。

◆ 文法のおすすめ本

1駅1題! TOEIC L&R TEST 文法特急 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

解説は詳しいですけど、 名前にもある通り電車の中でも短い時間で学習できる最初に文法に取り掛かるにはおすすめです。

1~2ヵ月ほど学習して英語に慣れてきたら、本格的な学習を進める通信講座や学習用アプリの検討を始めます。

記録をつける

ダイエットのコツには体重や食事の記録、貯金のコツには「使った金額の記録」など、目標達成のために記録をすることがすすめられることが多いと思います。

学習も同じです。記録を付けていきましょう。
勉強した内容まで書ければ良いですが、Excelで勉強した時間を記録するだけでも十分です。

TOEICの点数は、右肩上がりで上がり続ければ良いですが、伸び悩みの時期もあります。
そんな時にExcelに積みあがる時間が、自信と継続する勇気を与えてくれます。

TOEICの試験を3ヵ月に1回受ける

3ヵ月ごとに試験を受けることで、そこに向けて勉強の計画が立てやすくなります。

180時間の学習も出来ているので、学習の成果も点数に出やすくモチベーションに繋がります。
本当の試験でなくても、自宅での模試でも構いません。

私は、半年に1回のTOEIC試験と、半年に1回の自宅での模試を交互に行っていました。
次のようなイメージです。

◆ 試験の計画例
3月:TOEIC試験
6月:自宅で模試
9月:TOEIC試験
12月:自宅で模試

英語の勉強の習慣化する(朝活の開始)

会社の主力として働く30代は、夜まで仕事で忙しいことも多いです。

夜に勉強をすると、急な予定が入って勉強できない日が出てくる可能性が出てきてしまいます。
これでは、勉強の習慣化が難しくなります。

おすすめは、朝に学習することです。

最初は大変かもしれませんが、慣れてくると有効に時間を使うことができるようになります。

まずは、出社前に1時間、退社後に1時間の学習で初めて、慣れてきたら朝2時間学習する生活に移行していきましょう。

TOEICでの成功体験を経て、実践に向けての学習へ

ある程度の点数が取れるようになったら英会話を始めましょう。
目標の点数より100点足りないぐらいから始めるのが良いと思います。

英会話は、時間に自由があり、料金も低価格のオンライン英会話がおすすめです。
少しずつTOEICから英会話に学習の内容を映していきます。

私はオンライン英会話をしていますが、800点を目指してTOEICも継続して学習しています。

英語を勉強して良かったこと

まだまだ勉強の途中ですが、今の時点で英語を勉強して良かったなと思うことを紹介しますね。

仕事の幅が広がる(opportunityを得る)

記事の最初にも書いた通り、TOEICの点数を取ることで仕事の幅が広がりました。
TOEICの点数がなければ外資系企業への転職も出来なかったと思います。
転職して初めて、英語を必要とする仕事に触れることができました。

英語の資料が読めないという先入観がなくなる

Googleで資料を検索しても、英語だというだけで読むのをあきらめていました。
今は、とりあえず読んでみようという気持ちになれます。

ITの分野で働いていることもあり、日本の資料だけでなく海外の資料も確認できるようになりました。

海外のニュースを直接見える

日本のニュースを世界がどう見ているのか、海外のニュースサイトの情報を読めるようになりました。

日本の報道だけでなく、海外からどう見えているのかを知ることは、日本と海外の文化の違いを知る上でも興味深いです。

30代からの英語の勉強方法まとめ

30代から始めても遅いなんてことは全然ないです。

英語を勉強することで、世界が広がります。

勉強を迷っているのなら、今すぐ始めるべきです。

気負うことなく、じっくりと。
英語の勉強は楽しむつもりで頑張っていきましょう。

英語を話せるようになるためには、TOEICの勉強とオンライン英会話を組み合わせる方法が効果的です。

質の高い無料体験できるものを取り上げていますので、参考にして下さい。

【ビジネスで使いたい】初心者におすすめのオンライン英会話5選

本記事では、オンライン英会話のおすすめする理由とオンライン英会話を選び時のポイントを解説します。初心者におすすめのオンライン英会話も紹介しますよ! 英語を話したくて、オンライン英会話に興味を持つ人も多 ...

続きを見る

-TOEIC
-,

© 2021 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5