簿記

【2021年改正に対応】実体験を元に簿記3級に必要な勉強時間を解説

本記事では、簿記3級の合格に必要な勉強時間について解説していきます。
実体験と2021年度の改定を踏まえて、具体的に必要な時間を紹介していきますよ!

初めて簿記を受けようとする社会人の方にとって、これまでに簿記の予備知識を得ることは少なかったと思います。

漢字検定や英語検定なら何となく雰囲気が試験の想像が付くかもしれませんが、簿記の試験はなかなか想像しづらいですよね。

簿記は人気の資格だと聞くし、チャレンジしてみたいと思っても次のような悩みを持っている方は多いと思います。

簿記のことを全く知らない状態から勉強を始めて、勉強時間はどのぐらい必要なの?

簿記は電卓がいるって言うけど、数学が苦手でも大丈夫?

本記事は、社会人になって簿記3級を習得したいけれど、どのぐらいの勉強時間が必要なのか分からない方に向けて記事を書いています。

結論からお伝えします。

簿記3級に必要な勉強時間

簿記3級の取得に必要な勉強時間は、約100時間ほどです。3ヵ月間の学習で取得することが理想です。

簿記3級の勉強に数学の得意・不得意は関係ありません。勉強の前提となる知識はありません。

簿記は、決算書を作る手順を理解する為の試験です。
覚えるより慣れることが重要です。

用語を暗記するようなことは少ないです。
手順を何度も繰り返し練習することで、無理なく必要な知識は暗記しなくても覚えられますよ。

私の実体験と合わせて、詳しく説明していきますね。

簿記3級合格に必要な勉強時間

簿記3級の取得に必要な勉強時間は、人によって差がありますが、だいたい100時間程度です。
もう1つ大事なことが勉強する期間です。

100時間を3ヵ月で行う計画を立てましょう。
先ほども、お伝えしたように簿記は手順を繰り返して、決算書の作り方を覚える試験です。

100時間の学習を6ヵ月かけてやっても、合格することは出来ません。
毎日1時間の学習を継続する方が、合格できる可能性は高いです。

最初は、何の知識もない所から始めることになります。

先ずは、簿記に必要な知識を習得する期間が2ヵ月、実際に問題を解く期間が1ヵ月で合計3ヵ月で100時間の勉強をしましょう。

必要な知識を参考書などから得るインプットだけでは、試験で得点することが出来ません。

インプットで得た知識を元にして、実際に自分の頭で考え、手を動かすアウトプットをして試験で得点を得る為の力が身に付きます。

私の場合は、仕事ですぐに簿記の知識が必要になるという追い込まれた状況でのスタートだったので、緊張感を持って勉強することが出来ました。

効率性も重視して、専門学校(大原)に通ったので、1.5ヵ月で60時間を使ってインプットをし、0.5ヵ月で30時間のアプトプットをして合格しました。

その後、続けて簿記2級の勉強も継続して、半年で簿記3級と2級の取得に成功しました。
初心者だった僕が上手く取得できた1つの理由は、ペース配分を専門学校が作ってくれたことかなと思います。

最短ルートで簿記3級、2級を取得したいのであれば、専門学校使うのは良い方法ですよ。
興味ある人は、こちらをチェックしてみて下さいね。 ⇒ 大原専門学校 簿記講座の紹介

ただ、追い込まれた状況でなければ、3ヵ月で無理なく学習する方法でも良いと思います。

簿記は、独学でも十分取得可能な資格です。
専門学校と独学には、それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った方を選択して下さいね。

2021年の試験改正による追加情報

試験内容に大きな変化はないですが、試験時間が120分から60分に変更となりました。
試験問題の持ち帰りも出来なくなりました。

これまでは、参考書でインプットをしたら過去問でアウトプットが王道の流れでしたが、今後はその方法がそのまま適用することは出来ません。

試験内容が大きく変わってはいないので、過去問も十分に利用出来ます。

ただ、試験時間の感覚を掴むために、60分の2021年の改正に対応した予想問題を解いておく方が良さそうです。

簿記3級の内容

試験の内容

2021年から、試験内容は大きく変わりませんが、試験の方式が改正されました。
大きな変化は次の2つです。

① 試験時間が120分から60分に変更
試験時間が短くなったことに伴い、問題数が減っています。
これまでは苦手な所があっても、問題数が多ければ影響は軽微でした。

しかし、時間が短くなったことで、苦手な所が出ると点数に大きく影響が出ることになります。

着実に学習していれば影響としては小さいですが、満遍なく学習することがこれまで以上に必要となります。

② ネット試験の対応
これまでのように紙での試験に加えて、ネットで受験できるようになりました。

内容は変わりません。
これ、意外と慣れが必要です。

紙の場合、問題を解くときの計算と回答は、机の上で視界に入れることが出来ます。
ネット試験の場合は、問題と解答は画面ですが、計算は紙です。

頭を上げ下げする必要が出てきます。

時間勝負の試験ではないので、頭の上げ下げ自体は問題ありません。

問題なのは、画面に回答を入力することに慣れていないので、意外とリズムが狂わされる感じになります。

画面上で問題を見るのと、紙で問題を見るのも感覚が少し変わります。
問題は同じですが、ネット試験を受験される方は、画面を見て問題を解くことに慣れておいた方が良いです。

合格率

試験が改正されて、最初の2021年6月の試験の合格率は、28.9%でした。
受験生の方も手探りという事もあり、少し低くなっていますが、過去を見ると約50%程度が合格率です。

注意しないといけないのは、合格率は試験を申し込んだ人全員に対して、何人合格したかを表しています。

簿記の試験は受験料が高額ではないので、とりあえず申し込んでおいていかない人も結構います。

当然行かなければ、不合格になります。
実際に試験を受けた人だけで、合格率を見れば7割ぐらいになるのではと推測します。

2021年6月の試験の合格率が低いのもコロナの影響もあって、試験を辞退した人も結構いたのではないかなと推測します。

また、受験生も高校生から社会人まで幅広く受けているのが特徴です。
やる気のある人とない人の差も激しいです。

真剣に勉強して、受験に望んでいる方だけで計算したら、合格率はもっと高いことになります。

必要な勉強時間を確保して内容を理解すれば、必ず合格できる試験です。

前提となる知識

簿記の試験と聞くと、専門性が高そうに感じるかもしれません。

次のような疑問を持つ人もいると思います。

簿記の試験では電卓が必須になるので、数学が得意でないといけないのでは?

簿記の試験を受ける前に、何か予備知識が必要になるのでは?

実際には、全く不要です。
電卓を使って計算するのも、「+ - × ÷」の基本的なものです。

簿記に必要な知識は、簿記の勉強の中で理解できるので、事前学習も不要です。
いきなり、簿記の学習から初めてOKです。

簿記3級から始めた方が良いか?

簿記2級を目標にしている人の場合、簿記2級の勉強を始めて良いかと疑問に思う人もいると思います。

簿記2級を目指す人も簿記3級から始めた方が良いです。

簿記3級でしっかり簿記の考え方を学習して、簿記2級に入った方が理解しやすいと思います。
まずは、簿記のルール・手順に慣れる時間を簿記3級の学習の中で作った方が、理解は深まります。

既に、経理の仕事をしているとか、会計に関連する知識を持っているということであれば、簿記2級から始めても大丈夫です。

また、受験した試験の難易度によっては、1回で簿記3級に合格できないこともあります。

そういった場合、次の試験までに間隔が空いてしまうので、簿記2級の学習を始めてみるのは問題ないですよ。

合格に必要なテキスト

簿記3級に合格する為には、内容を理解するテキストと過去問があれば十分でした。

しかし、試験改正により試験時間が変わっているので、過去問だけでは試験時間に慣れる為のトレーニングが積めません。
今後は、予想問題集を使っていく方が良いかもしれません。

インプット用のテキスト、過去問、予想問題集のおすすめを紹介しますね。

大原で合格る日商簿記3級〈第3版〉

 

日商簿記3級 過去問題集 2021年版

スッキリうかる 日商簿記3級 本試験予想問題集 2021年度 (スッキリわかるシリーズ・旧:スッキリとける 過去+予想問題集)

短期集中で、最短ルートを通って合格したいのなら、専門学校をつかうのもおすすめです。

私も、社会人になって働きながら、簿記3級、簿記2級、中小企業診断士のコースを大原専門学校で受講しました。

試験対策としてのコツを教えてもらえますし、学習に最適なペースメーカーにもなります。
独学と違って、分からないことを直ぐに聞くことも出来ます。

私は平日の夜や休日に通学していました。
自習室で学習していると、たくさんの社会人の方が勉強していることに気づきます。

「自分も頑張らないといけない」と、刺激を受けることが出来たのも良かったかなと思いました。

オンラインや通信型もあるので、専門学校に興味がある方は、コースを確認してみて下さいね。
こちらから資料請求が出来ます。

簿記は、社会人にとって取得して損のない資格です。
是非、挑戦してみて下さいね。

-簿記
-,

© 2021 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5