Jリーグ経営分析

Jリーグの入場者数の平均値の傾向を知る

Jリーグ入場者数平均タイトル

 

平均とは

何かのデータを説明する際に、「平均」を使って説明されることが多くあります。
平均得点とか平均失点、平均入場者数など、聞いたこと多いですよね?

平均は、全ての合計をその件数で割ったものを言います。
平均入場者数であれば、入場者数の合計を試合数で割ります。

ところで、なぜ数字を語る上で平均値が出てくるかというと、その数字の集合体を表すのに便利だからです。

統計の世界では、「代表値」と言います。

例えば、2019年のジェフの入場者数を、2節は12,441人、3節は8,203人…と、並べられても特徴を理解することはできません。

でも、2019年の平均入場者数は9,701と言われるとイメージが付くと思います。
1試合ごとでなく、1年単位などにまとめる場合にイメージがしやすくなりますね。

また、入場者数の合計だとJ1・J2・J3のカテゴリによって試合数が違うので単純に比べられませんが、平均を使えば、平等に比べることができます。

入場者合計は右肩上がり

とは言っても、先ずは全体の数字を知ることが大事なので、入場者数合計を見てみましょう。

Jリーグ入場者数推移

グラフを見て分かる通り、2019年まではJリーグの入場者数は順調に増加傾向にありました。

しかし、2020年は、コロナの影響を受けて大きく落ち込むことになります。
恐らく2021年もコロナの影響を受けることになるでしょう。

コロナの自粛でいったん離れた観客を2022年に果たして戻すことが出来るかどうかが、入場者回復のカギになりそうです。

他のスポーツやエンターテイメントとの奪い合い

これまでスタジアムでサッカーを見ていたので、他のスポーツを見ることは、あまりありませんでした。

しかし、ステイホームの時間が長くなり、DAZNでBリーグを見るようになりました。

バスケットはサッカーと違う面白さがあります。
船橋をホームとする千葉ジェッツにはジェフにはない勝負強さがあり、少しずつ見る機会が増えました。

アリーナにも行きましたが、バスケットボールの生観戦の迫力もすごかったです。

各クラブは、今からAfterコロナを意識しないと、気づいたら他に観客を奪われるということも起こりそうです。

平均入場者数は2014年から横ばい

では、次に平均入場者数を見てみましょう。

Jリーグ平均入場者数推移

2014年に平均入場者数が大きく落ち込んでいます。

これはJ3が発足した為、全体の数字を押し下げることになりました。

その後の平均入場者数は、ほぼ横ばいが続いている状況です。
入場者数の合計が増えれば、平均入場者数も増えるはずです。

ところが、実際は横ばいが続いています。これは、どうしてでしょうか?
この理由については、次回、お話ししたいと思います。

入場者数の平均値のまとめ

本日のまとめです。

ポイント

  • 入場者数合計は増加傾向だが、平均入場者数は横ばい
  • Afterコロナを見据えた対応は、今から始める
  • 2020年のコロナの影響を2022年以降、再び上昇トレンドに戻せるか?

-Jリーグ経営分析
-, , ,

© 2021 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5