TOEIC

【レビュー】TOEICの学習に必要な3要素を満たすスタディサプリ

本記事では、TOEICの学習向けのアプリであるスタディサプリのTOEIC TEST対策についてレビューします。
学習アプリに必要な要素と合わせて、解説しますよ!

TOEICの学習をする方には、スタディサプリのTOEIC TEST対策はご存じの方も多いと思います。
CMなどでもよく見かけますね。

勉強方法として、参考書の購入、通信教育、アプリの使用など色々と手段があり、どれが良いのか迷われている方も多いと思います。

本記事は、TOEICの学習をしていてスタディサプリが気になるけれど、本当に使えるアプリなのか知りたいという方に向けて記事を書いています。

結論からお伝えします。

スタディサプリ TOEIC版の効果

スタディサプリは、TOEIC対策のツールとして必要な要素が全てそろったアプリです。
スタディサプリの勉強方法で学習すれば、スコアは必ず上がります。

元々、スタディサプリには日常英会話版しかなかったのですが、TOEIC対策やビジネス英語版など様々なバージョンがリリースされています。

私は、TOEIC対策版がリリースされた時から、4年ほどずっと使い続けています。

スタディサプリを始めてからは、他の参考書やアプリを使う事はなくなりました。本当によくできているアプリです。

利用ユーザーの視点から、スタディサプリの良い所を解説していきますね。

英語のアプリの求められること

TOEIC学習アプリは、TOEICの対策が充実していれば良いと思うかもしれませんが、それだけではダメです。
アプリを使ってTOEICのスコアを上げる為には、いくつかのポイントがあります。
具体的にアプリに求められる要素は、次の3つです。

① 内容が分かりやすい
② 継続する為の工夫がある
③ すき間時間でも使いやすい

当たり前ですが、講座の内容や回答の解説が分かりやすいものでなければいけません。また、英語学習はある程度の時間を必要とするので継続する為の工夫がされていることも必要です。

また、社会人が学習することも考えて、すき間時間などでも学習できるようになっていないといけません。

3つについて、それぞれスタディサプリの良い所を具体的に解説していきますね。

スタディサプリの優れている点

内容が分かりやすい

英語学習において最も重要な部分です。
スタディサプリは、文法の基本講座を関先生の動画で学習することが出来ます。

それは何故なのか理由を解説されているので理解がしやすいです。暗記の詰込み型では、この「なぜ」の部分が分からず、いつか壁にぶつかってしまいます。

理由を含めて理解するという事はとても大事なことです。
英単語にしても、言葉の由来など理由に踏み込んでいる所もあって、記憶に残りやすいですよ。

継続する為の工夫がある

英語は短期集中で学習する内容ではありません。

英語を学習する目的は人それぞれ異なったとしても、最低でも半年以上の学習は必要になります。
どんなに教材の質が良かったとしても、長続きしなければ目標に到達することが出来ません。

スタディサプリには、継続するための工夫があります。

1つは、これまでの継続した時間や回数の成果を画面のトップに表示してくれます。

スタディサプリ学習記録

特に連続学習日数は1日使わないと0に戻ってしまうので、少しでも学習しようという気になりますよ。

また、これまでの時間が自動的にカウントされるので、頑張ってきたという自信にもなります。
自分のやってきたことが目に見えるのは良いですよね。

各問題も解き終わるとスタンプが押されます。自分の進捗状況が、スタンプで分かるので自分の進み具合がわかりますよ。

スタディサプリ進捗状況

意外に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、継続する為に1番重要なことは、勉強したことを記録することです。

この記録するという事をアプリが自動でやってくれるので、続ける内に知らず知らず学習を継続することを習慣化できます。

すき間時間のような短時間でも使える

学生の頃のようにたっぷり勉強する時間があれば違うかもしれませんが、社会人になって学習をしようとすると使える時間がどうしても限られてしまいます。

そんな時に短いすき間時間を有効に活用することが重要になります。

スタディサプリ内の解説動画も短くまとめられていますし、問題も5分もあれば解けるレベルでまとめられています。
ちょっとの合間を見つけて学習することが簡単に出来ます。

また、スマホで解くことが出来る問題も多いので、通勤時間も有効に活用することが出来ますよ。

スタディサプリの出来ない事・悪い点

基本的にスタディサプリを利用すればTOEICに必要な内容は全て網羅されていますし、内容も充実しています。ただ、注意すべき点が2つあります。

長文読解は、アプリで解くのが難しい。

長文読解の問題をアプリで内容を確認しながら解くのは、なかなか難しいです。

特にスマホだと画面が小さくなってしまいますし、パソコンでも問題全体を見渡せないので現実とは少し異なってしまいます。

スタディサプリは、問題をテキストとして販売しているので、こちらを購入することをおすすめします。
模試としても使うことが出来るので、自分の進捗に合わせてテキストも購入するのが良いですよ。

ディクテーション

スタディサプリのディクテーションは、文字を画面に入力することで行います。
手書きに比べると疲れも少なく良いのですが、スマホで行うのは少し厳しいかなと思います。

スマホの場合、該当する英字のヒントも出てしまうので、分からなくても予測が出来てしまいます。

パソコンでキーボードを使って入力する方法でディクテーションするのが良いです。
ディクテーションは、継続することで、リスニングも文法もどちらも力が付きます。

スタディサプリ以外の参考書は必要か?

スタディサプリだけでなく色んな参考書も一緒にやった方が良いのではないかと考える人もいるかもしれませんが、スタディサプリだけで十分です。

かなりのボリュームですし、いくつも参考書に手を出すより、同じ問題を何度も解き直すことで効果があります。
結果がすぐに出ないジャンルだからこそ、他にも手を出したくなると思いますが、スタディサプリだけで十分です。

先ずは、7日間無料体験が出来るので、気になった方は是非試してみて下さい。
効率的に学習することが出来ることを実感できると思います。

-TOEIC
-,

© 2021 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5