Jリーグ経営分析

【データ分析】雨の日に入場者は減る??Jリーグ天気別入場者ランキング

天気と入場者数の関係

屋外スポーツであるサッカーにとって、入場者数は天気の影響を受けることが予想されます。

年間シートを買ってしまえば、天気に関係なくスタジアムに向かうと思います。

私も、ジェフの年間シートの購入も9年目になりますが、天気で行くかどうかを迷ったことはありません。

スタジアムに向かう前の準備するものが違う程度です。

ただ、それは特殊な場合で、前売り券や当日券を買って来場する方にとっては、天気は重要なポイントであることが想像できます。

天気予報が雨だったら、「今回は観戦やめようかな」と考えますよね。

実際に過去のデータから、天気によって入場者数が変動するのか分析します。

前提ですが、Jリーグ公式の天気の分類は、かなり細かいため簡略版のデータを利用します。

データの加工方法については、こちらにまとめています。

Jリーグデータ収集タイトル
Jリーグの経営分析対象とする試合データを紹介

分析をするにはデータが必要です。Jリーグのデータの取得方法についてお話します。

続きを見る

データ分析の対象となるのは、2010年から2019年までのJ1,J2,J3の試合ですが、一部の試合を分析対象から除外しています。

◆ 札幌ドームと昭和電工ドーム(大分)の試合
Jリーグ公式で「屋内」に分類されているので除外しました。

◆ 2020年の全試合データ
コロナの影響で、状況が普段とは異なるので除外しました。

◆ 出現回数が5試合以下の天気
集計した結果、5試合に満たない天気は除外しました。(雨のち晴、曇雨など)

ドームの試合も天気によって入場者数の変化がありそうなのですが、天気のデータが取得できなかったので除外しています。

ちょっと統計っぽく、相関係数も調べています。
相関係数は、2つの項目について関係性の「有り/無し」を数字で表現したものです。

今回は「入場者数」と「天気」には関係性があるかどうかを統計的に判断します。

相関係数は、0~1の値の範囲で出力されます。
(話を単純にする為に、正の相関にのみ限定しています。)

相関係数の値には、次のような意味合いがあります。

      • 0.0~0.2(相関なし) ・・・ 関係性ないです
      • 0.2~0.4(弱い相関) ・・・ う~ん、関係性あるかも
      • 0.4~0.7(相関あり) ・・・ 関係性ありそう
      • 0.7~1.0(高い相関) ・・・ 関係してます

それでは、カテゴリ別に見ていきます。

J1天気別平均入場者数

J1の天気別の平均入場者数ランキングです。

J1天気別平均入場者数

予想通り、晴に関する天気が上位、雨に関する天気が下位になりました。

表の一番右の割合は、晴を100%とした時に、どれほど下落したかを表しています。

晴と曇りは、それほど変わらないですが、雨が降ると1割ほど減少します。
人数にすると平均で2,000人ほど減少していることになります。

J1のクラブは、スタジアムも整備されており、座席の大半が屋根で覆われていますが、それでも下落する結果となりました。

天気と入場者数の相関係数は、0.0767です。

統計的に見ると「関係性ないです」という結果になりました。

平均だと雨の方が減っているように 見えるのですが、各試合の入場者数と天気の傾向を見た場合には、無関係ということになります。

実際に、天気とその入場者数の図を作成しました。

1つ1つの点が、試合を表しています。(このようなグラフを散布図と言います)

天候別散布図(J1)

晴れで20,000人の所に点がありますが、雨でも40,000人の所に点があるので、関係性はなしとなります。J1全体の関係性を見てしまったので、クラブ別に調べる必要があります。

参考までに、意図的に作成した散布図です。

こんな風になれば関係性ありと言えます。

天候別散布図(Sample)

こうしてみると雨の降る試合は少ないこともわかります。

そもそも日本は晴れの日が多いこともありますが、試合の日も晴れている試合が多いですね。

J2天気別平均入場者数

続いて、J2の天候別平均入場者数です。

J2天気別平均入場者数

J1と同じ結果です。晴→曇→雨の順となりました。

ただし、数字の落ち方が少し変わっています。
晴→曇りの下がり方は同じですが、雨になるとJ2の方が下落率が激しいです。

J1は、12%の下落でしたが、J2は27%です。
入場者数が3/4になってしまいました。

J2は、J1以上にスタジアムの特性・観客の特性など、要員は色々ありそうです。

天気と入場者数の相関係数は、0.1339です。

J1よりは、少しだけ関係性が高いです。が、

統計的に見ると「関係性ないです」という結果になりました。

J2の天気と入場者数の散布図です。

天候別散布図(J2)

上限の方には、何となく傾向が表れている気もします。。。

J3天気別平均入場者数

J2の天気別の平均入場者数ランキングです。

J3天気別平均入場者数

こちらもJ1・J2の結果と同じです。

雨の日の下落率は、J2より更に落ちて39.1%の下落となりました。

雨が降ると来場を辞める人が4割ほどいるという感じですね。

魅力のある試合、イベントがあれば、天気に勝てるのかもしれないですが、それがないと天気の影響を受けるのは否めません。

天気と入場者数の相関係数は、0.1345です。

統計的に見ると「関係性ないです」という結果になりました。

J3の天気と入場者数の散布図です。

天候別散布図(J3)

雨の日は、上限も晴れの半分ほどになっています。

天気別入場者ランキングのまとめ

予想通り、天気により平均の入場者数が減っていることが分かりました。

これは、カテゴリを問わず同じ結果です。

ただし、下落率は、J1→J2→J3で落ち方が大きくなります。

相関係数は、J1・J2・J3は「関係性はない」となりました。
これは、クラブやスタジアムの特徴が異なるので、リーグ全体で見るのには少し無理があったと思います。

ここについては、クラブ別に検証します。

データを集計してみると、全体に占める雨の日の試合も少ないことも分かりました。

雨対策をして入場者数を増やす必要があると考えていたのですが、晴れの日の入場者数を伸ばす努力に集中した方が効率が良さそうです。

今回は、カテゴリ別に見てみました。
本編の中でも触れましたが、天気はスタジアムの状況によっても差が出てきます

次回は、クラブ別に見てみたいと思います。

-Jリーグ経営分析
-, ,

© 2021 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5