Jリーグ経営分析

【データ分析】Jリーグ 最多入場者数ランキング(J1・J2・J3)

2010年~2020年の最多入場者数ランキングを調べてみました。

J1・J2・J3それぞれの結果をランキング形式で5位まで発表します。

最多入場者数ランキング(J1)

先ずは、J1の入場者数ランキングです。

最多入場者数ランキング(J1)

1位と2位は、マリノスのホームゲームでした。

どちらも、マリノスのリーグ優勝が懸かる試合でした。

同じく、4位と5位は、レッズの優勝が懸かる試合です。

さすが、J1の試合、集める入場者数がすごいです。

リーグ終盤の優勝が関係する試合は、入場者数を集めやすいですね。
唯一、3位の「浦和 - 鹿島」戦だけが、GW期間中の好カードでランクインしました。

1位と2位をマリノスでしたが、以降29位までがレッズが関連する試合でした。

30位にようやく2016年の神奈川ダービー「川崎 - 横浜FM」が登場します。

レッズの動員数のすごさが分かる結果です。

50位までに広げると、実に42試合がレッズ関連の試合でした

ホームもアウェイも関係なくすごい。

さすがレッズ。

最多入場者数ランキング(J2)

続いて、J2の入場者数ランキングです。

最多入場者数ランキング(J2)

1位は、昇格のかかる試合でした。

徳島と昇格争いをしていた札幌のホーム最終戦で、札幌が勝利しJ1昇格を果たしています。

2位と3位は、距離の近いチーム同士の戦いです。

2位がGW期間中の名古屋と京都の試合、3位は、東京ダービーでした

4 位も同じく、札幌が引き分け以上でJ2優勝が決まる試合でした。

5位は、お盆期間中の動員力のある2チームの一戦がランクインしています。

トップ30でみても、ほぼJ1経験チームが並びます。

その中で、唯一の例外が2011年7月17日の「熊本- 富山」でした。
入場者数は、25,005人です。

この日は、「熊本県民サンクスマッチ」ということで、イベントもたくさんあったようですが、それにしても25,000人越えは凄いです。

3連休の真ん中の試合だったので、カターレサポーターも行きやすかったかもしれないですね。

この試合が、ロアッソにとっては最多入場の試合となっています。

ロアッソの歴代2位が、アビスパとの九州ダービーの16,098人ですから、イベントでここまで集客したのは凄いです。

クラブスタッフの方々の頑張りですね。

チームのポテンシャルとして、2万人以上集めることが出来ることを証明しました。

最多入場者数ランキング(J3)

続いて、J3の入場者数ランキングです。

最多入場者数ランキング(J3)

1位は、ロアッソとガンバU23の試合でした。

こちらは、イベントでEXILEの NESMITHが来場、オリジナルTシャツの配布などイベントがありました。

その影響が大きかったでしょうか?

ロアッソにとっては、歴代3位の記録となります。

2位~4位は、北九州の記録となります。

2位は、J3に降格しての開幕戦ということで、注目を集めたと思われます。

3位と4位は、北九州が実施しているイベントの影響と思われます。
北九州は、毎年「サマーフェスティバル ミクスタ満員大作戦」と題して、来場者全員にオリジナルユニフォームをプレゼントするイベントがあるようです。

2020年はコロナの影響がなければジェフは、ちょうど、8月に試合を予定しており、サマーフェスティバルに当たるのではとの噂もありました。

ミクスタは、絶対行くと決めていたので、楽しみにしていたのですが残念でした…

そして、5位の「相模原 - 鹿児島」の一戦は、GK川口の現役ラストゲームということで多かったようです。

J3には、優勝・昇格争いに関する動員はなく、全てイベント関連での集客に成功した試合が上位を占めています。

最多入場者数ランキングのまとめ

J1・J2・J3で5位までの試合のうち、優勝や昇格の絡む試合の割合を見ると

  • J1は4試合が優勝に関する試合
  • J2は2試合が優勝・昇格に関する試合
  • J3は、優勝・昇格の関連する試合は0

となっています。

カテゴリによって、来場者の求めていることが違うのかもしれません。

今回は、単純に入場者数の多い試合を比較してみました。
カテゴリによって、動員の理由が少しづつ違うのが読み取れたかと思います。

 

J1,J2は、

サポーターも多いので、優勝争いなどで注目を集めることで、1試合にたくさんのサポーターを集めることによって最多入場者数が作られている。

一方、J3になると

サポーターだけでは数が少ないので、イベントをすることで普段サッカーを見ない層に働きかけて最多入場者が作らている。

この辺りは、チームが成長する上でのステップとして、手掛かりになるような気がします。

今回は、単純に数として多い試合を取り上げてみました。

次回は、これまでの対戦カードの合計を平均して、人気のあるカードを考えてみたいと思います。

-Jリーグ経営分析
-, , ,

© 2021 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5