オンライン英会話

25分でもオンライン英会話のレッスンは短くない理由

本記事では、25分のオンライン英会話で効果があるのかどうか解説していきます。
効果的な学習方法についても紹介しますよ!

オンライン英会話スクールの多くが1レッスン25分を採用しています。

プランによって、1日2レッスンやそれ以上のレッスンを選択できるようになっています。

1レッスン25分だけで英語が話せるようになるのだろうか?
効果を上げる為に1日50分のプランにした方が良いのでは?

と考える人も多いと思います。

本記事では、25分のプランに疑問を持っている方向けに、25分間のレッスンに効果があるかどうかについて解説していきます。

結論から言うと

ポイント

25分のレッスンの効果25分のレッスンで、十分に効果はあります。
50分のレッスンや自主練習と組み合わせるとより効率的になります。

おすすめの学習プランとしてまとめると次のようになります。

効果的な学習プラン

  • 50分のレッスンプランにする(おすすめ度:★★★)
  • 25分のレッスンプラン + 自主練習(おすすめ度:★★)
  • 25分のレッスンプラン (おすすめ度:★)

その理由について、詳しく解説していきますね。

25分のレッスン時間でも短くない理由

1日25分だけレッスンを受けるのであれば、あっという間に終わってしまうだろうと思ってしまうかもしれません。

レッスンを25分受けるだけだったら時間は短いです。
しかしそれだけでは効率よく効果を出すことが出来ません。

レッスンを効果的なものにするには、予習と復習を行うことは必須です。

具体的には、レッスンの前後に次のようなことをします。

◆ 予習
テキストの内容を確認し想定される質問の回答を英文で準備する。

◆ 復習
先生に教えてもらった英文を音読して定着させる。

レッスンの時間に予習と復習を組み合わせることで、より1回のレッスンの効果を高めることができます。

予習と復習の為に、短くても30分は必要になります。
そうすると1度のレッスンの為に、1時間の学習時間となります。

毎日の学習時間としては、1時間の学習は十分な学習時間です。

余裕があるのなら50分のレッスンにした方が良い

25分のレッスンでも効果はありますが、可能であれば50分のプランの方が良いです。

私も最初の2か月ほどは25分のプランにしていました。
その後、レッスンに慣れてからは50分のプランに変更しました。

オンライン英会話でレッスンを受ける理由は、英語を話せるようになるためですよね。
その英語を話すために必要な学習時間は、次のように言われています。

Cambridge European Framework (通称CEFR)では、たとえば英語初心者が英語を使って仕事ができるようになるまで平均で750時間英語を学習する必要があると言われています。
オンライン英会話Bizmatesより参照(https://www.bizmates.jp/beginner/starter02/

1レッスンで予習と復習の時間を合わせて1時間の学習とすると

◆ 25分のレッスンの場合
・1ヵ月30時間 1年間で360時間の学習時間
・750時間に到達するのに、2年と少し必要
◆ 50分のレッスンの場合
・1ヵ月60時間 1年間で720時間です。
・750時間に到達するのに、1年と少し必要

必要な時間数を学習すれば、誰でも英語を話せるようになるという事ではないですが、1つの目標に達成する期間として、これだけの差が出てきます。

オンライン英会話によっても変わりますが、同じ先生を連続して選ぶと、間の休憩を入れずに連続50分のレッスンにすることができます。

同じ先生で連続してレッスンを受ければ、最初のスモールトークが1回しか必要ありません。
本題となるレッスンの時間を長く取ることができます。

ただし、レッスンの時間が50分でも、予習と復習の時間が取れなくては意味がありません。

学習時間が取れないのであれば、無理せず25分のレッスン時間にしましょう。
しっかり予習復習を行った方が効果的です。

レッスンプランは途中で変更可能なオンライン英会話がほとんどだです。
最初は25分で初めて、自信がついてきたら50分に変えることもできます。

仕事で忙しくなることが分かっていれば、その月だけ25分プランに変更しても良いと思います。
レッスンを受けることが定着してきたら、忙しい時は休会しても問題ありません。

私も忙しい月は、いったん休会にして落ち着いたら再開することを繰り返しています。

英会話で重要なことは、継続して学習することです。
計画を立てる時は、やる気になっているので、ついつい長い時間で学習する計画を立ててしまいがちです。

しかし、ここはいったん冷静になって、「このプランで1年間継続できるか」を冷静に考えて判断することが継続のコツです。

1日のレッスン時間と合わせて、どのぐらいの頻度でレッスンを受けるのかも重要な要素です。

50分のレッスンを受けても、頻度が少なければ効果は下がってしまいます。

レッスンを受ける頻度については、こちらの記事にまとめているので参考にしてください。

50分のプランにするのは難しい場合

50分のレッスンを受ける為には、1日2時間の英語学習は難しいかもしれません。
割引があったりしますが、レッスン料金も倍になってしまうので、費用的にも慎重になりますよね。

そんな時は、隙間時間で学習できる自主学習を一緒にすることをおすすめします。

瞬間英作文を作る

英語を話す為のトレーニングをする為におすすめの本があります。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(CDなしバージョン)

こちらの本の中で、著者の森沢さんは次のように言っています。

英文を考え込むことなく自動的に楽々と作り出す能力、いわば「英作文回路」は発想の転換をして必要なトレーニングをしさえすれば、ある程度の基礎知識がある人ならば比較的短期間で開発することができます。
(出典)どんどん話すための瞬間英作文トレーニングより

実際に、この本を使ってトレーニングしてみて、レッスンに役立っていると感じます。
レッスン中に話したい事を考える時間が短くなりました。

この本の例文をレッスンの中で先生に教えてもらった英文に置き換えて練習しています。

TOEICの勉強と組み合わせる

英単語を覚えることや文法の勉強であれば、TOEICの勉強が間違いないです。
英語の基礎力を上げるのなら、TOEICの勉強は効果的です。

TOEICで高得点をとっても英語を話すことができるようになる分けではありませんが、客観的に自分の英語を話す可能性を示すことができます。

TOEICで客観的な評価を獲得し、オンライン英会話は、実践的に英語を話す技術を身に付ける方法がバランスが良いです。

私も、オンライン英会話をしながら、隙間時間を利用してTOEICの学習を継続しています。

25分のレッスンで効果があるかどうかまとめ

25分のレッスンでも予習と復習の時間を合わせると、十分に効果があると言えます。
余裕があれば、50分のプランにして英語学習の時間を増やしていきましょう。

「毎日、50分のレッスンを受ける為の準備をするのは難しそう」
ということであれば、自主学習と組み合わせる方法もあります。

瞬間英作文やTOEICの学習をうまく組み合わせていきましょう

英語の学習は、地道な積み上げが必要です。
レッスンを楽しみながら、継続していきましょう。

ビジネスにおすすめなオンライン英会話を集めてみましたので、こちらの記事を参考にしてください。

-オンライン英会話
-, ,

© 2021 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5