TOEIC

外資系で働く僕がアルクのTOEIC通信講座を実際に使ってみた評価

本記事では、英語学習で有名なアルクの通信講座をご紹介します。
口コミなどのアルクの客観的評価と実際に利用して感じた感想をまとめています。
検討している方は、是非参考にしてみて下さいね!

日本の中でも英語学習の必要性が高まってきています。
分かりやすく解説されている参考書もたくさん出版されていますし、優秀なスマホのアプリもたくさんあります。
そんな中で、次のように思う人もいるかもしれません。

通信教育で効果はあるだろうか?
参考書を買うか、スマホのアプリを使った方が便利じゃないか?

でも、参考書やスマホアプリにはない通信講座ならではのメリットもあるのです。

本記事は、TOEICの学習に通信講座を検討している方に向けて書いています。

結論から言うと通信教育には、「参考書やスマホのアプリにはない」良さがあります。
通信講座を利用することには2つのメリットがあります。

通信講座のメリット

◆ 自分の点数に合った効果的な学習ができる
◆ 英語学習を習慣化することができる

通信講座は、「これから英語学習始めるぞ」と言う人に特に向いています。
中でも、昔から英語学習の教材に定評のあるアルクの通信講座はおすすめです。

私は10年ほど英語学習を続けていますが、学習を始めた最初の頃にアルクの通信教育を利用しました。

私が受けた頃と少し名前が変わっていますが、600点コース、700点コースと、ヒアリングマラソンも利用したことがあります。

利用した経験も踏まえて、通信講座との良い所、その中でアルクがおすすめの理由について、解説していきます。

英語学習で通信教育を考えている人の参考になればうれしいです。

通信講座が良い理由

仕事が忙しかったり、体調が悪くて何日か勉強できない日もあります。
学習が習慣化されていれば、元の日常生活が戻った時に、勉強することも同じようにいつものペースに戻すことができます。

しかし、学習に慣れていない状態で1度リズムが崩れると、元に戻すのは困難です。
気付くと何日も学習を忘れていて、モチベーションも上げられず勉強を辞めてしまうこともあります。

通信講座の場合は、毎月1度は教材が郵送されてくるので、やることを忘れることがなくなります。

もし、うまく学習ができない月があったとしても、教材が送られてくるタイミングでリセットして、もう1度頑張るチャンスを作ることができます。

英語の学習は、短期間で身に付くことではありません。
ある程度の期間、継続的に学習することが必要となります。

学習を習慣化するということが最初に達成しないといけない目標になります。

通信講座には、受講者を脱落させることなく通信教育を受けてもらうためのノウハウをたくさん持っています。
まずは、学習の習慣化の為に利用するだけでも通信講座を使う価値があります。

私は20年間、英語以外にも学習を継続しています。
20年間のモチベーションを保つ方法も紹介していますので、気になる方は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

通信講座はアルクが良い5つの理由

英語に関する通信講座は、たくさんありますが、1番のおすすめはアルクのTOEICテスト通信講座です。

私も英語学習を始めの時は、アルクの通信講座を使いました。
600点コース⇒700点コース⇒ヒアリングマラソンの順で利用しています。

ただ、自分のレベルに合った500点コースから始めた方が良かったかな、と今になって思います。
ちょっと背伸びをしてしまいました。

選択したコースで反省点はあるものの、アルクで勉強を始めて良かったと思っています。

当時を振り返りながら、アルクの良かった所をまとめていきます。
評価の前に、当時の私の悩みと状況は、次のようなものでした。

当時の私の状況
◆ TOEICは350点で英語は苦手。でも、何とか英語を話せるようになりたい
◆ 600点を目指したいけど、何から始めればよいか分からない
◆ 1日どのぐらい勉強すれば良いのかわからない
◆ 英語を頑張りたい気持ちはあるが、3日坊主になりやすい

このような状態で、実際にアルクの通信講座を使ってみての感想です。

カリキュラムで毎日の「やるべきこと」が分かりやすい

ただ教材が送られてくるだけではなく、カリキュラムが組まれています。
その為、カリキュラムに沿って「毎日やること」が分かります。

本屋さんで買った参考書だと、その日の調子によってたくさん勉強したり、全くできなかったり、勉強の質のムラが出ていしまいます。

でも、アルクの通信講座は1日の勉強量が決まるので、英語を勉強する量が一定になり、勉強するリズムが出きました。

気分が乗れば、それ以上に勉強することもありました。
逆に気分が乗らない時も、最低限、今日やらなくてはいけないことを終わらせようと頑張ることができました。

レベルに合った内容の講座を選べる

TOEICテストの受験生には、私のように、先ずは500点を目指したい人もいれば、英語が得意で800点⇒900点に伸ばそうとする人もいます。
同じ問題で試験を受けているのに、ゴールが違います。

テストの問題の中には、500点を目指す人が正解しないといけない問題もあれば、900点を目指す人が正解しないといけない問題もあります。

つまり、目指す点数によって重点的に学習する内容は異なってくるということです。
そこが、アルクはきめ細かくできています。

テキストの内容が難しすぎるということなく、無理なく消化していくことができました。

点数別に講座が分かれているので、自分の今の点数から+100点の講座を受けると良いと思います。

個人的に使ってみた反省点から、400点以下の人は無理をせずに、500点の講座から始めるのがちょうど良いです。

学習支援サイトで学習の計画や記録を管理できる

通信講座の受講生をサポートする専用サイト(テストコ)が用意されています。
そのサイトの中で、学習プランの計画と結果の記録をすることができます。

学習の習慣化において、計画(目標)を立てること、記録をすることは本当に重要なことです。
私は、アルクの通信講座を通じて、大事さを知ることができました。
今でも学習をする時は、計画と実績の管理を忘れないでしています。

これが、長期にわたって継続を習慣化できる重要なポイントです。

テストの結果がすぐにわかる

1ヵ月の学習を終えた後に、学習の成果を確認する為の「マンスリーテスト」と、講座を終えた後にTOEICの試験と同形式の「ファイナルテスト」があります。

どちらも、アルクに返送して結果を待つことになります。

でも、テストを受けたら結果を早く知りたいですよね
通信講座は、試験を受けたタイミングと結果のタイムラグが弱い所でしたが、学習支援サイトのテストコに結果を入力することで、得点を確認することができました。

受けてすぐに結果が分かるので、復習もやりやすいです。

学習のサポートがある

参考書やスマホアプリでは、疑問に思うことがあっても相談することができません。

アルクの通信講座は、学習支援アドバイザーの資格を持つ担当者から、テキストの内容や学習方法についての相談に答えてもらえます。

教材自体も丁寧な作りで分かりやすいですが、勉強の仕方が合っているのかどうかなど、心配ごとや確認したい事がたくさん出てきます。

分からないことはサポートを利用することで、疑問点が解消できます。

不要な不安や疑問からくるストレスは、英語学習を習慣化することに対する大きな壁となるので、それを排除できる所は、本当に助かります。

おすすめの教材

先ほども少し触れましたが、350点が700点を目指すからと言って、700点の教材を選ぶべきではないです。

内容が難しいとやる気がなくなってしまうからです。

最初は、過度なストレスがかからない、ちょっとだけ上のレベルがおすすめです。
自分の得点+100点の教材、400点以下の場合であれば、500点の教材から始めましょう。

TOEICの学習用にヒアリングマラソンをされている方もいらっしゃいます。
ヒアリングマラソンもTOEICの役に立ちますが、効果的なのはTOEIC専用の教材です。

ヒアリングマラソンの教材には、旬のニュースだったりビジネス関係だったり、様々な内容が含まれています。

個人的には、英語学習が習慣化され、自分のやるべきことが整理されてからの方が良いと思いました。

通信講座の流れ

通信講座は、インターネットから簡単に申し込むことができます。
申し込み以降は、定期的に毎月教材が郵送されます。

教材の中にカリキュラムが含まれているので、そのカリキュラムに従って学習を進めていきます。

1ヵ月の学習の成果を確認する「マンスリーテスト」と、全ての学習が終わった後に「ファイナルテスト」で、学習結果を確認します。

やり方も含めて、テキストに掲載されているので、迷うことはないと思います。
分からないことがあれば、テストコを通して、質問をすることも出来ます

紹介まとめ

英語自体もそうですが、習慣化するノウハウを得られてからこそ、今でも英語学習が続けられていると思っています。

TOEICの学習で、スクールに通うのにはお金もかかるし、かといってテキストだけでは勉強の仕方が分からなくて不安と言う方も多いと思います。

通信講座は、その間のいいとこ取りのサービスになるので、使い勝手が良いです。

自分の経験からも、特に英語初心者にはお勧めです。
スムーズに英語学習に入っていくには、最適なので是非検討してみて下さいね

英語を話せるようになるためには、TOEICの勉強とオンライン英会話を組み合わせる方法が効果的です。

質の高い無料体験できるものを取り上げていますので、参考にして下さい。

「翻訳アプリやツールがもっと進化すれば、英語学習は不要になるのでは?」と思っていませんか?

最近の技術の発達は、確かにすごいですが、英語学習が不要になるのはまだまだ先です。
英語を勉強して習得する方が早いです。

英語学習が必要な理由は、こちらの記事にまとめているので参考にしてください。

-TOEIC
-, ,

© 2021 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5