TOEIC

自身の体験から転職で給料を上げる為に準備することを解説

本記事では、転職での給料上げる為の準備の方法について紹介していきます。
私自身の体験も交えて紹介していきますよ!

働いている人であれば誰でも、給与を上げたいと思いますよね

今の会社で昇格していくのが正攻法だと思いながらも、現実は厳しいと感じている人も多いと思います。

転職での給料アップや、副業をすることで給料を上げようと考えている人も多いと思います。

給料を上げるには、色々な方法がありますが、ここでは転職のパターンを取り上げます。

転職と言っても、いきなり給料の良い所へ転職するのは難しいと事が多いです。

本記事は、転職で給料を上げたいと考えている方に向けて、転職先の選び方と転職の準備の方法とについて解説していきます。

結論からお伝えします。

転職の準備に必要なこと

転職先は、儲かっている業種を選ぶ必要があります。
業務経験がない場合は、自分がポテンシャルの高い人間であることを見せる必要があります。
資格取得など、客観的な方法で自分のポテンシャルを証明しましょう。

具体的に転職先の選び方や転職の準備について解説していきますね。

収入の増やす方法

毎月の収入を増やす方法は、大きく3つあります。

①会社内での昇格を目指す
②転職する
③副業をする

どれも方法としては、それぞれ良い所と悪い所があります。

社内で評価されれば一番手っ取り早いですが、昇格した時にどのぐらい給料が増えるのか確認しておくことが必要です。

特に、管理職になると残業代がなくなってしまうので、かえって給料は減ってしまったというのはよくある話です。

副業も確実に収入を増やす手段ではありますが、働きながら更に別の仕事をするのは大変なことですよね。

その点、転職は自分の給料や待遇に合った会社を探すことが出来ますし、本業を変えることなので副業のように別で働くという事にもなりません。

1つの会社で働き続けることを美徳としてきた日本ですが、少しずつ、そういった考えも変わってきています。
給料を増やしたいのなら、転職するというのも有力な手段です。

業界を選ぶ

転職する時に、今までやってきたことを活かしたいと考えるのは自然なことです。
転職サイトで検索する時の条件は、同じ業界の中から待遇の良い所を探そうとしていませんか?

これまでやってきたことを強みとして活かすということも大事なことなのですが、その業界が儲かっている業界かどうかは冷静に判断しなくてはいけません。

儲かっている業界でなければ、目先の給料や待遇が少し良くなったとしても、すぐに頭打ちになってしまうからです。

給料を上げるには、平均給与が高くて将来性のある業界を選ぶ必要があります。
業界の平均給与が高い所に転職することが出来れば、自然と自分の給料も高い水準で得られる可能性が高くなります。

こういった業界は、人不足に陥っていることが多く、経験がない人でも十分に転職できる可能性があります。

だからと言って、経験も知識もない所で、本当に簡単に転職できるのか疑問に思うかもしれません。

転職先が、新たに人を雇う時に見るポイントは大きく2つです。

ポイント

①業界の経験や知識があり、即戦力として活躍できそうか?

②業界の経験や知識はなさそうだが、ポテンシャルが高く魅力的な人材か?


経験がない場合には、自分がポテンシャルが高い人材であることを示すことで転職できる可能性が出てきます。

ポテンシャルの見せ方

ポテンシャルが高いことを示す方法ですが、これは客観的に示す必要があります。

いくら自分で「私はポテンシャルの高い人材です」と言っても、信じてもらえないですよね。
だけど、ある公平な機関からお墨付きが与えられていれば、獲得する企業にも納得性が出てきます。

その客観的に示す方法の1つとして、資格があります。

資格を取得することで、働きながらも資格の取得を目指す意識の高い人と見られますし、資格の難易度が高ければ魅力的に移ります。

取得する資格としておすすめなのが、英語に関する資格です。
現在、日本国内だけで完結する仕事は少なくなってきました。

グローバルでビジネスが進むことが多い時代です。
英語の資格を持っていれば、どんな業界に転職をしようとしても、魅力的な人材に映ることは間違いありません。

TOEICを受けたり、ビジネス英会話で実践の場に慣れておくのが良いですよ。

転職がいつでも出来るように準備をしておく

転職の決断は、給料だけでなく様々な要素も考慮した上で、慎重に行うべきだと思います。
転職に良いタイミングも出てくると思います。

でも、そんな時に転職の準備をしていなかったら、チャンスを逃してしまう事になります。
TOEICやビジネス英会話を身に付けるには、2ヵ月、3ヵ月で終わるものではなく、それなり期間を必要とします。

だからこそ、企業も評価をしてくれることになります。
将来、自由に転職の選択が出来るように、早めから自分を磨いておくと良いですよ。

私自身も仕事で英語を使ったことはありませんでしたが、TOEICで720点を取ったことを履歴書に書くことで、違う業界の外資系企業に転職することが出来ました。

業界に関する知識は少し持っていましたが、経験は全くありませんでした。
それでも、転職のチャンスを勝ち取れたのは、まだ伸び代があると評価された結果からだと思っています。

どの業界でも役に立つ英語に目を付けて、早めから勉強しておいて本当に良かったと思っています。

始めるのに遅いという事はありません。
将来の転職で給料アップを勝ち取る為に、TOEICやビジネス英会話を初めてみましょう。

給料の為だけじゃなく、英語を話したり、読んだりできるようになると、仕事に役立つことも多いですよ。

TOEICの学習なら、スタディサプリ ENGLISH がおすすめです。

こちらにレビュー記事も載せているので、参考にしてみて下さいね。

 

ビジネス英会話なら、ビズメイツ が良いです。
こちらは、体験レッスンを無料で受けられるので、一度試してみると良いですよ。

ビズメイツのレビュー記事はこちらを参考にしてみて下さい。

-TOEIC
-,

© 2021 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5