オンライン英会話

TOEIC対策にオンライン英会話は効果はあるが、効率的ではない

本記事では、TOEIC対策としてオンライン英会話を利用する場合、効果はあります。
しかし、効率的ではありません。その理由について、解説していきますよ!

 

英語が話せるようになれば、TOEICのスコアを上げることができるのではないか?と考えて、オンライン英会話の利用を考える人もいると思います。

TOEICスコアアップの対策

オンライン英会話を利用することで、TOEICの点数は上がります。

しかし、かなり非効率なので、TOEICのスコアを目的としてオンライン英会話を利用するべきではありません。

本記事では、TOEICのスコアを上げる為に、オンライン英会話の利用を検討している方に向けて記事を書いています。

なぜ、このような間違いが起こるのかというと、TOEICのスコアが高ければ、英語を話せるという勘違いすることが多いからです。

TOEICよくある勘違い

 

まずは、結論からお伝えしますね。

TOEICの学習にオンライン英会話が効果的ではない理由

◆ オンライン英会話だけでは、学習時間が圧倒的に不足する。
◆ TOEIC対策の教材を利用した方が圧倒的に効率が良い。

TOEICを始める方の中には、英語を話せるようになりたいからと考えている人も多いと思います。
でも、実際はTOEICの点数が高くても英語は話せません。

だからと言って、TOEICの勉強はやらなくても良いという事ではないですよ。

TOEICは英語を話す為のベースを作ることが出来ますし、他の人に対して英語を話すポテンシャルがあることをアピールできます。

TOEICは、専用の教材を使いましょう。
TOEIC対策には、CMでもおなじみのスタディサプリがダントツで良いです。

無料でお試しできるので、TOEICの学習を考えている人は、まずはスタディサプリを試してみて下さい。

私は会社の命令で初めて受験したTOEICが、350点でした。
これからの時代のニーズを考えてこれではいけないと思い、本気でTOEICと向き合いました。

今は720点まで上げることができ、外資系企業への転職に成功しています。

TOEICの勉強を始める時に、アメリカ人はTOEICの勉強をしなくてもTOEICの点数取れるだろうから、オンライン英会話すれば点数が上がるのでは?と考えました。

でも、実際に色々検討してみると、間違っていることに気づけました。
私の体験も踏まえて、なぜTOEIC対策にオンライン英会話が効果的ではないのか解説していきます。

TOEIC対策にオンライン英会話の利用は効果的ではない理由

英語をどんなに効率的に勉強したとしても、ある程度の学習時間を必要とします。

現在のスコアによっても変わりますが、100点あげる為には200時間以上の学習が必要と言われています。

これをオンライン英会話で学習しようとすると、1日1時間の学習だったとしても200日もかかります。

最初からTOEIC対策の教材だけに絞って学習した方が、時間もお金も効果的に使うことができます。

TOEICの試験対策の教材を使った方が効率的

TOEICの試験には2つの特徴がある為、対策の教材を利用した方が効率的で、効果が出るのが早いです。

【TOEICの特徴】
  ① 使われる単語に傾向がある
  ② 問題に使われるシーンに傾向がある

TOEICに出てくる単語には傾向がある

TOEICの試験に出てくる単語は、ある程度決まっています。

TOEIC対策として、該当する単語を集中的に覚えた方が早いです。

TOEICに出てくる単語は、日常生活の中でも利用する頻度の高い単語だから、試験だけの対策にはならないから安心して下さい。

問題のシーンに傾向がある

TOEICの試験の長文問題やリスニングでは、同じようなことが何度も起こります。

車を運転すると交通渋滞にはまりますし、クライアント先へ行く時には資料を忘れます。

会社の業績は絶対に悪化しないですし、倒産もない平和な世界です。
TOEICの試験対策をしていると、問題の途中で展開が読めてしまう事もあります。

よく出てくるシーンを中心にTOEIC対策をした方が効率的です。

なぜ、TOEICの勉強をする必要があるのか?

TOEIC勉強しても英語が話せないのなら、
「じゃあ、TOEICの勉強をしても無駄じゃん」と思ってしまうかもしれません。」

でも、ちょっと待ってください。

あなたは、なぜTOEICの勉強をしたいと思ったのですか?

TOEICのスコアが高いと就職に有利と聞いたから

TOEICのスコアが高いと外資系の企業に転職をする時に有利と聞いたから

TOEICのスコアが仕事で昇格に必要だから

ビジネスに関係するこんな理由をもって、TOEICに興味を持った方が多いと思います。

採用をする側や昇格をさせる人事は、「英語のできる人材を選びたい」と思っています。

でも、いくら本人が「英語が得意です!」と言っても、本当かどうか、どのぐらい得意なのかは分からないですよね。

あなたの英語はビジネスでどのぐらい使えるのか共通のモノサシが必要となります。
そのモノサシとして、英語の得意さを客観的に証明する方法が、TOEICの点数です。

TOEICの点数は英語を話せることを証明するものではなく、客観的に英語を話すポテンシャルがあることを証明する為の試験と言えます。

TOEICの点数が、あなたに代わって「この人は英語を話すことができる可能性が高いですよ」ということを証明してくれるのです。

TOEICで高得点を獲得することで、「就職したい会社に入社する」ことや「仕事で昇格する」資格を得ることができます。

でも、残念ながらTOEICの点数が良いだけでは、でも、これだけでは、実践では役に立ちません。
例えば、高性能な車があっても、運転技術がなくては、乗りこなせないですよね。

車と運転技術

 

同じように、基礎的な英語を身に付けて、英語を操る技術(運転技術)も習得する必要があります

英語力と会話力

基礎的な英語力を上げることは、TOEICの学習を通して身に付けることができます。
英語を操る技術は、オンライン英会話を通して習得することができます。

TOEIC対策にオンライン英会話が効果はあるが効率的ではないまとめ

TOEICは、自分の可能性を周りに示す為の試験だと割り切りましょう。
ただ、TOEICの学習をすることで英語力は確実につきます。

オンライン英会話は、英語を操る技術ですから、TOEICの学習とは別物です。

当然、最初は知っている単語も少ないので、もどかしさを感じるかもしれませんが、TOEICの点数が上がるのと同時に、英語で表現できる内容が増えていきます。

急いでTOEICの点数を上げなくてはいけない理由があれば、TOEICから取り掛かった方が良いですが、急ぎの理由がなければ、両方一緒にやった方が良いです。

オンライン英会話のレッスンを受けることで、英語の楽しさを味わうこともできます。
楽しさをしることで、英語学習を継続することにもつながります。

英語が話せると、仕事の幅も広がります。
気になった時が始め時です。

まずは、TOEICの学習から始めてみて下さい。

私がずっと使っているスタディサプリは、TOEICの学習におすすめです。
レビュー記事をこちらに書いているので、参考にしてみて下さい。

 

こちらから、無料体験レッスンも受けられるので、一度チャレンジしてみて下さい。

 

-オンライン英会話
-,

© 2022 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5