オンライン英会話

オンライン英会話を使って英語を上達させる5つのポイント

本記事では、オンライン英会話を利用して、英語を上達させるためのコツを紹介していきます。
具体的なポイントを紹介していきますよ。

英語を話す為の1つの方法として、オンライン英会話があります。

通学型に比べて安い価格でマンツーマンレッスンを受けることができます。

オンライン英会話スクールの多くは、入会金やテキスト代などの初期費用が不要です。
月額料金だけなので、手軽に始めることができますね。

手軽に始められるオンライン英会話ですが、実際にやってみて次のような悩みを持つ人も多いです。

◆ オンライン英会話を始めたけど思うように上達しない。
◆ オンライン英会話の効果が思うように感じられない。

始めたものの効果を感じることができなくてモチベーションが下がってしまいます。
そして、オンライン英会話を辞めてしまうことに…

せっかく、英語を勉強しようと一歩を踏み出したのに、もったいないですね。

本記事では、英会話を始めてみたけど上達しないと悩んでいる方に向けて、記事を書いています。
オンライン英会話を利用した英語の上達方法について、解説していきます。

オンライン英会話の上達方法について、結論からお伝えします。

英語の上達方法

◆ オンライン英会話で正しいトレーニングをすれば、誰でも英語でコミュニケーションを取れるようになります。
◆ オンライン英会話のトレーニングと合わせて、英語の基礎力を上げることが重要です。
◆ 学習以外にも、普段から英語に触れる機会を増やしましょう。

英語の基礎力を上げることと、オンライン英会話で話すトレーニングをすれば、誰でも英語は上達します。

しかし、レッスンを継続して受けていても、正しいトレーニングができていなければ効果は薄くなってしまいます。

また、日ごろから英語に触れる機会を増やしていくことで、英語でコミュニケーションが上達しますよ。

順番に説明していきますね。

英語の基礎的な力を高める

英語を話すためには、基本となる英語力があっての英会話です。

どんなに英会話のレッスンを受けても、知っている単語や文法が少なければ、自由に英語を操ることができません。

英語を上達させるには、英会話のレッスンだけでなく、英語の基礎力を上げていくことも重要です。

よくある勘違いとして、英語力を上げてから英会話のトレーニングに取り組んだ方が良いと考える人がいます。

それは、間違っています。

英語力を上げることと英会話のレッスンは同時に行うべきです。
英会話を始める英語力というものはありません。

英語力を上げてからと考えると、いつまでたっても英会話のトレーニングを始められなくなってしまいます。

小さな子供でも難しい単語を知らなくても、自分の知っている単語を使って会話をしますよね。

小学校、中学校と国語の授業の中で、使える単語が増え、表現が豊かになっていきます。

英語の学習も同じです。
最初は知っている単語や文法が少なくて、「本当はこう言いたいのに!」と思うもどかしさもあるかもしれません。

ただ、単語や文法を習得する中で、英語でも表現を豊かにすることができます。

英語の基礎力が低くても、自分の持っている知識を最大限に使って、会話をしようとすることは、最初から初めても問題ありません。

英語力を上げることと、英会話のレッスンは同時に行いましょう。
英語力を上げる勉強方法としては、TOEICの学習がおすすめです。

TOEICを勉強することで単語や文法の基本的な文法を学ぶことができます。

TOEICの学習をすることで、自分がどれだけ話せるようになっているかを確認することができます。
客観的に、自分の英語の基礎力が図れます。

また、TOEICは英語力を上げることだけでなく、他の人に自分が英語を話すポテンシャルがあることを伝えることができます。

ただし、勘違いしてはいけないのが、TOEICの点数が高くても英語は話せないということです。

どんなにTOEICで高いスコアを取ったとしても、いきなり英語を話すことはできません。

スコアが高ければ英語力は高くなっていることは間違いないですが、英語を話す為にはトレーニングは必要です。

まとめ

◆ オンライン英会話のレッスンだけでは、英語の上達が見込めません。
◆ 英語を上達させるためには、英語の基礎力も上げることが重要です。
◆ 英語の基礎力を上げるのには、TOEICの学習が有効です。

効果的にオンライン英会話のレッスンを受ける

オンライン英会話のレッスンを効果的なものにするためには、コツがあります。
どれも、チョットしたことです。

でも、これが積み重なると大きな差となります。

効果的に英語を上達させるためのオンラインレッスンのポイントを1つずつ解説していきますね。

フリートークではなく、テキスト形式のレッスンを受ける。

オンライン英会話の多くは、テキストを選んでレッスンを受ける以外にフリートークを選ぶことができます。先生と英語でフリートークができたらかっこいいですよね。

フリートークの方が様々な会話ができるので、英語を上達させるのに効率的ではないかと考えてしまいます。
でも、それは勘違いです。

フリートークの方が、逆に効率が悪くなってしまうのです。

テキストを利用したレッスンの方が、使えるフレーズを効率よく増やしていくことが出来ます。

結局、英語で話すということは、様々な表現のパターンを増やしていくということです。
テキストで網羅的にフレーズを学習していった方が、効率よくフレーズを集めることができます。

また、1度話しただけで、すぐには英語を使えるようにはなりません。
何度も色を塗り重ねるように、繰り返し練習することで自分の言葉になっていきますよ。

フリートークのレッスンが良くないということではありません。

レッスン前の予習ができていない時には、フリートークのレッスンを選ぶのは良いと思います。

これは、英会話のトレーニングというよりも、レッスンを受けるリズムを乱さないことが目的です。
1度休むと継続できなかった経験はありませんか?

人は、理由をつけてやらないようにしたがる傾向があります。
レッスンを始めた最初は、特にレッスンを受けなくなるリスクが高くなります。

レッスンを受けるリズムを乱さないようにするために、予習ができていなければフリートークで英語を話す機会をなくさないようにしましょう。

テキストは難しいものを選ばない。簡単すぎるぐらいがちょうどいい。

テキストを選ぶことができるオンライン英会話スクールの場合、難しい内容のテキストを選んでいませんか?

最初は、こんなに簡単な内容で良いのか?と思ってしまうほどの内容がちょうど良いです。
なぜなら、テキストが難しい・簡単の判断は、内容を「読んで」判定していると思います。

日本人は、学生時代から「英語を読むこと・聞くこと」に関するトレーニングはたくさんしてきています。でも、英語を話すことのトレーニングは、あまりしていません。

その為、「読む・聞く」と「書く・話す」のスキルに大きな差があります。
つまり、「英語を日本語に変換して理解する力」はありますが、「日本語を英語に変換して話す力」が弱いのです。

読むことができるからと言って、話すことも簡単だと勘違いしてはいけません。
簡単な文章でも、最初は意外と難しいですよ。

テキストが簡単な内容からの方が上達します。
無理せず、簡単なテキストを選択しましょう。

分からないことは聞く

レッスンで、単語の意味が分からなかったり、先生の話した内容が分からなかったことはありませんか?

「質問したけど回答の意味が分からなくて質問しなかった」や「面倒だから質問しなかった」ということはありませんか?

英語に自信がないと分かったふりをしてしまうのも、あるあるだと思います。
分からない内容をそのままにしていても、英会話は上達しません。

分からなければ質問をするように心がけましょう。
質問した内容は、記憶にも残りやすくなりますよ。

質問をするということ自体も、英語を話す練習になります。
1レッスンで1回は質問すると、目標を決めてレッスンを受ける方法も良いです。

発言内容はできるだけ詳しく話すようにする

本当は色々言いたいのだけれど、英語を考えるのが面倒だからと簡潔に回答してしまうことがあります。

自分が話すときは、理由や背景も含めて出来るだけ詳しく話すように心がけましょう。

最初から、1つの英文を長くして話すことは難しいかもしれないので、短い文を組み合わせて詳しく説明する方法がおすすめです。

レッスンの予習で、話したいことを英作文すると長い文章を作る力が養われますよ。
最初は、いきなり英語で考えるのではなく、日本語を英語にする方法でOKです。

これまでの経験で、TOEICの試験などで、長い文を読んで理解できたこともあったと思います。
読むことができても、書くことができないのが日本人の特徴ですね。

でも、出来ないのではなくトレーニング不足である為です。
アウトプットを続けることで出来るようになりますよ。

最初から、自分で英作文をするのはハードルが高いです。
英作文に慣れることが目的なので、英作文はアプリを使って英訳して良いですよ。

無料なのに、英作文を作るのにとても便利なアプリがあります。
英語から日本語に翻訳する時にも使えます。

こちらの記事で紹介しているので、参考にしてください。

レッスンを受ける先生の選択を間違えない

オンライン英会話の先生の中には、バイト感覚の先生もいます。
レッスンを受けていても特に指摘をしてくれない先生です。

レッスンの間は楽しいかもしれませんが、英語を話せるようになる目的からはずれてしまっています。
発音や文法が間違っていれば、どんどん指摘してくれる先生を選ぶようにしましょう。

レッスンを受けたら先生を評価してみて下さい。
良い先生にはお気に入りとして登録して、質の高いレッスンになる先生を集めましょう。

オンライン英会話レッスンに慣れてきたら、お気に入りの中で先生を選択してレッスンを受けると良いです。
オンライン英会話のレッスンになれるのは、3ヵ月以上で60回程度のレッスンを受けた頃が目安です。

予習・復習をすること

予習や復習をせず、レッスンだけ受けても効率が悪いです。
予習では、最低限テキストの内容を理解しておくようにしましょう。

多くのオンライン英会話スクールのテキストでは、自分の事を話すパートが用意されています。

事前に英作文をして話す内容の準備をしておくと良いです。
英作文は、出来るだけ詳しく説明する内容で作ることがポイントです。

復習では、レッスンを振り返って、言えなかった内容を英作文します。
指摘を受けて教えてもらった英文をメモを取っておきましょう。

指摘を受けた英文は、自分が話そうとした内容です。
今後も利用する場面があるかもしれません。

その時には、同じフレーズが使えるように練習しておきます。
1回のレッスンで確認したフレーズは、2,3個だけです。

でも、これが3カ月、半年と継続していくことで、かなりの数になります。
簡単な英文を英語にする練習方法として、瞬間英作文があります。

こちらと同じ方法を利用して、指摘を受けた英文をアウトプットすると良いです。
瞬間英作文は、日本語を英語に変換する練習には最適の参考書です。

この参考書で練習すると、日本語を英語にするのがスムーズに出来るようになります。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(CDなしバージョン)

先生に教えてもらった英文を瞬間英作文と同じ方法で練習するには、単語アプリを使うとやりやすいです。
無料で使いやすいアプリがあるので、こちらを使ってみて下さい。

使い方については、こちらの記事にまとめています。

リラックスする時間にも英語を取り入れる

基礎力を上げることとレッスンの受け方について、紹介してきました。
英語を話す為には、勉強をしなくてはいけないという先入観がありませんか?

英語は楽しみながらでも、勉強することができますよ。
おすすめは、海外ドラマを見ることです。

海外ドラマで話している内容をシャドーイングするようなつもりで、話している内容を聞いてみましょう。

英語だけを聞いて内容を理解することは難しいと思います。
意味は、日本語訳を見てでOKです。

英語で話している内容をシャドーイングしながら、字幕で日本語の意味を理解していきます。
英語が聞けるようになると、この英文でこういう意味になるのかと驚くことも多いですよ。

字幕を英語にしてみる方法もありますが、学習の色合いが強くなってしまいます。

意味が分からないとストレスになりますし、楽しめないですよね。
楽しむついでに英語も勉強するぐらいの感覚で良いです。

最近は、ネットでの配信サービスが充実しているので、利用するのがおすすめですよ。
私は、U-NEXTを利用しています。

気になる方は、こちらからチェックしてみて下さい。

ネット配信はお風呂の中や通勤電車の中でも、見ることができますよね。

私は、お風呂の中でリラックスしながら、海外ドラマを見ることが日課になっています。
お風呂の中でリラックスしながら英語の勉強をする方法として、こちらの記事にまとめています。

参考にしてみて下さい。

普段の生活の中に少しでも英語を取り入れていくことが、ポイントですよ。

目標を立てる

英語が上達していないと思う理由として、目標が立てられていないということがあります。

英語を話せるようになるのは、ある程度の期間が必要です。
「英語を話す」という目標では、ゴールまでの期間は全て英語を話せていないということになります。

これでは、モチベーションを保てないですよね。

具体的な目標を定めて、上達しているかどうかを図る必要があります。
最初にもお伝えしましたが、英語はトレーニングすればだれでも話せるようになります。
上達しないということはありません。

途中経過を細かく区切りながら、上達しているかどうかを見てみましょう。
英語が話せるようになるまでの目標のイメージ

目標の立て方は、こちらの記事を参考にしてください。

効果については、ただ英語を話せるようになるということではなく、短い期間でも感じることはありますよ。
同じように上達を感じたことがなかったか、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

オンライン英会話を変えてみる

オンライン英会話の良いところは、入会金やテキスト代などの初期費用が不要です。
その為、他のオンライン英会話スクールへの切り替えが簡単にできてしまいます。

上達しない原因の1つに、今受けているオンライン英会話スクールが自分に合っていない可能性もあります。

他のオンライン英会話スクールを検討してみるのも良いと思います。
他への乗り換えも簡単ですし、戻ることも簡単ですよね。

ビジネスで利用したい方に向けて、おすすめのオンライン英会話をこちらの記事にまとめたので参考にしてみて下さい。

英語を話すということは、数字で評価できるものではないので、上達の感じ方は人それぞれです。

でも、トレーニングを続けていれば、確実に話せるようになりますよ。
英語を話せるようになった自分を想像して、少しずつ上達していきましょう。

-オンライン英会話
-

© 2021 Thinking Simple Blog Powered by AFFINGER5